教育コース派遣事業

Society for Translational Oncology Fellows’ Forum (STOFF)への派遣:

CHAAOは、Society for Translational Oncology Fellows’ Forum(STOFF)への短期海外研修の派遣を行っています。STOFFでは、臨床腫瘍学の分野において活躍が期待される若手の医師を対象に革新的 かつユニークな教育プログラムを提供しています。 その内容は臨床およびトランスレーショナルリサーチなど広範に渡り、フェローシップ研修をより強化・幅をひろげるようデザインされています。ここには、 MGH Cancer Center、Dana-farber Cancer Institute、MD Anderson Cancer Centerを始めとする米国の有力施設から精鋭が選抜され集結します。講師陣は、STOFFのチェアマンを務め、またCHAAOの米国代表アドバイザリー ボードメンバーでもあるDr. Bruce A. Chabner(MGH)を筆頭とするトップオンコロジストで構成されています。ワークショップは25名以下で行われるため、講師とのディスカッションは 濃密であり、また将来のネットワーク形成のため参加者間の交流も大切にするようプログラムされています。

実績
2016年  3名
2015年  3名
2014年  3名
2013年  4名
2012年  2名
2011年  2名
2010年  3名

 

 

その他:

Global Clinical Sholars Research Training Program (GCSRT) at Harvard Univestiyへの参加支援:

本プログラムは臨床研究に関するトレーニングを希望する若い研究者のための1年間の研修プログラムであり、疫学、生物統計学、臨床試験等の理解を深めることを目的としたプログラムです。

2016年  1名
2015年  1名
2014年  1名

 

 

一般社団法人 中外Oncology学術振興会議