2017年 IAAO

IAAO2017は、「Paradigm Shift in Therapeutic Strategies and Novel Treatments for Cancer」をテーマに、急速に革新的な進歩を続けているがん研究とその成果である革新的な治療について、世界の著名な先生方にご講演をいただきます。

今年のトピックスは、がん免疫療法とPrecision Medicineを柱に取り上げました。がん免疫療法では、まず免疫チェックポイント阻害の現状の課題、そしてその課題解決への取組みと将来展望について、さらにがん免疫誘導に関する最新の知見についても取り上げました。次にがん治療領域で急速に進展しているPrecision Medicineについては、まず、昨年に引き続きその基盤となるがんのゲノムやエピゲノム研究の最新の知見、そして臨床展開につなげるための日米での取組みについて取り上げました。なお、分子標的薬の最新の研究については、DNA修復、サイクリンD依存性キナーゼ、ERK変異の3つの標的を取り上げました。

講演に先立ちまして、演者のプロファイル紹介と併せて研究室の活動のサマリー、そして最近発表した論文リストを掲載しました。必ずしもすべてが本講演に関係するものではありませんが、先生方の研究活動を知っていただく上で一助になれば幸いです。

なお、Patrick J. Johnston博士のご講演を企画しておりましたが、去る6月4日に急逝されました。博士はIAAO創設来のAdvisory Board Memberとして、本シンポジウムの創設ならびに運営に貴重なご助言及び多くのご支援をいただいて参りました。Johnston博士のご冥福を心よりお祈り致します。

■ Bruce A. Chabner, MD

Lessons Learned from the First Two Decades of Targeted Therapy

■ Ross L. Levine, MD

Role of Mutations in Epigenetic Modifiers in Myeloid Malignancies and Therapeutics Response

■ Brian Abraham, PhD

Transcriptional Regulation of Cell Identity and its Misregulation in Cancer

■ Antoni Ribas, MD, PhD

How Melanoma Responds and Resists PD-1 Blockade

■ Jedd Wolchok, MD, PhD

Checkpoint Blockade for Melanoma: What’s New

■ Guido Kroemer, MD, PhD

Nutrition, Immunity and Cancer

■ Neal Rosen, MD, PhD

Allele Specific Precision Medicine for ERK-Driven Tumors

■ Alan D. D’Andrea, MD

Targeting DNA Repair in Cancer Therapy

■ Charles J. Sherr, MD, PhD

Cyclin D-Dependent Effects of CDK4/6 Inhibitors in Cancer

■ Anthony J. Iafrate, MD

Genomic Analysis of Tumors in the Clinic: Promises and Challenges

■ Lincoln Nadauld, MD, PhD

The Clinical Outcomes and Costs of Precision Oncology

■ Atsushi Ohtsu, MD, PhD

A Nation-Wide Genome Screening Consortium for New Agent Development (SCRUM-Japan)

一般社団法人 中外Oncology学術振興会議